ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

EVENT

Ploom TECHをお持ちの方は、イベント中の
1ドリンクを無料でお楽しみいただけます。

11.26 Sat.

「民藝」って何だろう?

『サヨナラ、民芸。こんにちは、民藝。』改訂新版刊行記念

  • 高木崇雄×上野昌人

Talk Event

by B&B

  • 時間:18:00〜20:00(17:30受付開始)
  •  / 料金:1500+500yen 1drink

イベント概要

%e3%82%b5%e3%83%a8%e3%83%8a%e3%83%a9%e3%80%81%e6%b0%91%e8%8a%b8%e3%80%82%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%ab%e3%81%a1%e3%81%af%e3%80%81%e6%b0%91%e8%97%9d%e7%94%bb%e5%83%8f

民藝ブームと云われて久しいようですが、本当にブーム?と感じる時があります。

いわゆる民藝店と呼ばれるお店から、セレクトショップ、ブックカフェなどいたるところで「民藝」

あるいは「民藝スタイル」という名前を見ることができます。

雑誌を見ても「民藝」という文字が出ていないものを探すほうが難しいくらいです。「民藝の教科書」などという本もあるくらいですから。

 

では「民藝」とはいったいなんでしょう。

 

全国の産地で、日々たくさんの「民芸品」が作られています。そのモノと、量販店で売っているモノに何か違いはあるのでしょうか。

また作家が作ったモノとどこが違うのでしょうか。

そもそも「民藝」と「民芸品」は同じものなのでしょうか。

 

今回、地元福岡で「工藝風向」を営んでいる高木崇雄さんに『サヨナラ、民芸。こんにちは、民藝。』(里文出版)の企画・編集をしている編集者が、いろいろと「民藝」についてお聞きしてみます。

そこから見える「民藝」は、一体どんなカタチをしているでしょうか?

出演者情報

高木崇雄(「工藝風向」店主)

上野昌人(編集者・デザイナー)

  • ※Yahoo! JAPANのデジタルチケット「PassMarket」を通じてのご購入となります。
  • ※チケットは売り切れの場合もございます。

ここまでが本文です


[Rethink Booksに関するお問い合わせ]