ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

EVENT

Ploom TECHをお持ちの方は、イベント中の
1ドリンクを無料でお楽しみいただけます。

4.21 Fri.

本は三冊で読む。
「三冊屋ナイト」

〜4月テーマ「無人島に持っていきたい三冊」〜

  • 中野由紀昌(イシス編集学校師範/瓢箪座代表)

Workshop

  • 時間:19:00〜21:00(18:30受付開始)
  •  / 料金:1000円(軽食付)+500円(1drink)

イベント概要

IMG_5896 のコピー

 

毎月1回、RethinkBooks店内に開店する「三冊屋」、第三夜は4月21日にオープンです!

「三冊屋」とはジャンルを問わず選んだ三冊を、関係づけながら読むという方法で、

広がりや奥行きのある読書法のひとつとして注目されています。

ワークショップでは実際にどのように三冊を選ぶのか、お酒とおつまみを味わいながら、

トライしていただきます。

 

今回のテーマは「無人島に持っていく三冊」です。

 

なんの因果か、ひとり無人島に流れつき、電気もない、ガスもない、電話もない環境のなかで、

「この三冊の本さえあれば生きながらえる!」と思える本とはなにか、

もしくは、自ら望んで無人島に住もうと決意した時、運命をともにしたい三冊を選ぶとしたらどんな本だろうか!?

…そんな仮想現実に遊びながら、店内の書棚から三冊コーディネートしていただきます。

読書好きな方はもちろん、あまり読書になじみのない方でも、新たな読書の楽しみ方、

ちょっと変わった本との付き合い方を体感していただけます。

 

お酒は一杯よりも二杯、三杯と杯を重ねていくほど、酔いは深くなります。

本も一冊、二冊、三冊と読み連ねていくほどに、ココロやカラダに知的に作用するものです。

読むことで広がりや奥行きをもたらす「三冊屋」を、あなたのセンスで自由に立ち上げてください。

 

お好みのドリンクと一緒に、デリカテッセン「三月の水」(福岡・今泉)の特別なおつまみもご賞味いただけます。

今月も「無人島に持っていく三冊」というテーマに添った創作メニューをご用意しますので、どうぞお楽しみに!

その他、Rethinkbooks店長賞など多彩な賞もご用意いたします。

存分にお酒と本遊びに興じる夜をお過ごしください。

 

※「三冊屋」はイシス編集学校(校長・松岡正剛)が推奨する読書法です。

http://es.isis.ne.jp

定員:15名

 

 

出演者情報

中野由紀昌(イシス編集学校師範/瓢箪座代表)

プロフィール:「瓢箪座」を屋号に掲げるフリーエディター。2000年に開校したイシス編集学校に入門後、編集コーチ(師範代)や師範を歴任、現在は九州支所「九天玄氣組」で九州の編集活動を行う。MUJIキャナルシティ博多店の「MUJIBOOKS」では毎月、三冊屋ワークショップの講師も務めながら、「RethinkBooks」 staffとして本と戯れる日々。瓢箪座https://www.hyoutanza.com

  • ※Yahoo! JAPANのデジタルチケット「PassMarket」を通じてのご購入となります。
  • ※チケットは売り切れの場合もございます。

RECOMMEND

そのほかのイベント

ここまでが本文です


[Rethink Booksに関するお問い合わせ]