ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

EVENT

Ploom TECHをお持ちの方は、イベント中の
1ドリンクを無料でお楽しみいただけます。

7.30 Sat.

植本一子×二村ヒトシ×神田桂一

「植本一子の先生教えてin福岡」

  • 『かなわない』(タバブックス)
    『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(幻冬舎)
    『モテと非モテの境界線』(講談社)
    刊行記念

Talk Event

by B&B

  • 時間:18:00〜20:00(17:30受付開始)
  •  / 料金:1500+500yen 1drink

イベント概要

植本一子、好評の先生教えてシリーズ。

 

今回は、植本が非常に興味深く読み、かなわないの副読本としてもすすめる『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』の著者である二村ヒトシさんをお迎えし、かなわないについてや、心の穴、生きづらさについてお聞きしたいと思います。

司会進行として植本一子がベビーシッターとしても信頼をするライターの神田桂一をお呼びし、モテない神田、生きづらい植本が二村先生に切り込みます。

作品概要

書影

『かなわない』(タバブックス)

http://tababooks.com/books/kanawanai

 

『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(幻冬舎)

http://www.gentosha.co.jp/book/b9819.html

 

『モテと非モテの境界線』(講談社)

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062729451

 

出演者情報

二村ヒトシ
1964年六本木生まれ。『すべてはモテるためである』ほか、恋愛についての著書が何冊かあるが、本業はアダルトビデオの監督(もと男優)。既婚者。

 

植本一子
1984年広島県生まれ
2003 年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞。 写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活躍中。2013年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジ オ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。著書に「働けECD~わたしの育児混沌記~」(ミュージック・マガジン)「かなわない」 (タバブックス)がある。

 

神田桂一
フリーライター・編集者。一般企業に勤めたのち、週刊誌『FLASH』の記者に。その後フ リー。雑誌は『ポパイ』『ケトル』『スペクテイター』『TRANSIT』などカルチャー誌を中心に活動中。ウェブは『やまもといちろうメルマガ』『本の雑 誌』『cakes』、マンガ『アイアムアヒーロー』のリサーチなど節操なく活動中。
植本一子×二村ヒトシ×神田桂一
「植本一子の先生教えてin福岡」

時間:18:00〜20:00(17:30受付開始) / 
料金:1500+500yen 1drink

  • ※Yahoo! JAPANのデジタルチケット「PassMarket」を通じてのご購入となります。
  • ※チケットは売り切れの場合もございます。

ここまでが本文です


[Rethink Booksに関するお問い合わせ]