ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

EVENT

Ploom TECHをお持ちの方は、イベント中の
1ドリンクを無料でお楽しみいただけます。

10.2 Sun.

ネットと芸能人を批評するということ

『芸能人寛容論 』(青弓社)『謝罪大国ニッポン』(星海社)刊行記念

  • 武田砂鉄×中川淳一郎

Talk Event

by B&B

  • 時間:18:00〜20:00(17:30受付開始)
  •  / 料金:1500+500yen 1drink

イベント概要

気鋭のライター/編集者・武田砂鉄さんの新刊『芸能人寛容論』が、8月に発売されました。

 

この本は、「cakes」の人気連載、芸能人批評「ワダアキ考」を書籍化したもの。約50人を厳選し、新たに「堂本剛」「宮崎あおい」ほか5人の書き下ろしを追加しています。

 

今回は、この刊行を記念し、武田砂鉄さんを福岡にお呼びいたします。ゲストには、ネットニュース編集者の中川淳一郎さん。

 

SNSが発達した今、芸能人は気軽に発信できる自由を得る一方、ちょっとした発言などからすぐさまネットでの炎上、そして謝罪に追い込まれるリスクにも、常にさらされていると言えます。

 

日本人の謝罪について書いた『謝罪大国ニッポン』(星海社)、芸能人について書いた『ばかざんまい』(新潮新書)と相次いで刊行したばかりの中川さんには、このあたりについても解説いただきます。

 

こうした時代に芸能人はどのように振る舞うべきなのか……深い愛情をもって「芸能人」と「ネット」をウォッチしてきたお二人に、「ネットと芸能人を批評すること」について、たっぷり語っていただきます! ご予約はお早めに!

 

【出演者プロフィール】
武田砂鉄(たけだ・さてつ)
ライター。1982年生まれ。東京都出身。大学卒業後、出版社で主に時事問題・ノンフィクション本の編集に携わり、2014年秋よりフリー。著書に『紋切型社会──言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、2015年、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)がある。2016年、第9回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞を受賞。「文學界」「Quick Japan」「SPA!」「VERY」「暮しの手帖」などで連載を持ち、インタヴュー・書籍構成なども手がける。

 

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973年東京都立川市生まれ。1997年博報堂入社、CC局(コーポレートコミュニケーション局)配属。2001年、サラリーマンとして通用しないと諦めて退社。無職になる。その後暇をしていたらいろいろな人から声をかけられライターになり、雑誌編集者になる。2006年にネットニュースの編集者になり、さまざまなサイトとかかわるようになる。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。

作品概要

書影

『芸能人寛容論 』(青弓社)
http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-7391-8

『謝罪大国ニッポン』(星海社)刊行記念
http://www.seikaisha.co.jp/information/2016/08/16-post-shazai.html

出演者情報

武田砂鉄(ライター/編集者)
中川淳一郎(ネットニュース編集者)

  • ※Yahoo! JAPANのデジタルチケット「PassMarket」を通じてのご購入となります。
  • ※チケットは売り切れの場合もございます。

ここまでが本文です


[Rethink Booksに関するお問い合わせ]