ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

FAIR

4月のテーマ

Rethink of “生きる”

「Rethink Books」では月替わりのフェアを開催します。4月のテーマは「生きる」。

ただ生きる。❍❍として生きていく。感動の瞬間を生きる。
満たされた。明日もわからない。
誰かのいのちに触れるとき、消えゆくものに触れるとき。

生きる、ってどんな時実感したり意識したりするでしょう。
よく知っているし実際日々の諸々を生きている、でも完全には知り得ないような。
あまりに身近だけど、「気づけば私はいったいどこに生きているんだろう?」なーんて考えたり。

その名も『生きる意味を教えてください』という本で、田口ランディさんと竹内整一さんは対話をします。みずから、とおのずから、の「あわい」を生きる。もっと「あわい」で自分をあそばせるようなこと。「みずから」が生き生きしているときは、むしろ「みずから」をほどいている。と。

『ビニール傘』『暮らしのおへそ』『生きていくうえで、かけがえのないこと』『逝かない身体』『人生なんて、そんなものさ』『二十歳の原点』『いきるっちゃん』――etc...。これらの本にも端々に生きる秘密がきっと隠れています。
ご来店の際はつい立ち止まり、生のまわりを確かめたくなるかもしれません。

グラス
たばこ
  • 生きる
  • 生きる

BACK NUMBER

これまでのテーマ

ここまでが本文です


[Rethink Booksに関するお問い合わせ]