ページの先頭です

ここからヘッダーです

ここからメニューです


ここから本文です

FAIR

11月のテーマ

Rethink of “作る”

「Rethink Books」では月替わりのフェアを開催します。11月のテーマは「作る」。

何かを作ること、誰かが作ったものに触れること......私たちは暮らしから仕事、趣味、ふとした瞬間まで、いつも多くの「作る」と関わっています。

『夜中にジャムを煮る』『豆本づくりのいろは』『かっこいいぞ!職人本』『園芸家十二ヶ月』『モノからモノが生まれる』__これらは今回取り揃えた本のタイトルの一部です。

編み物作家・三國万里子さんの『冬の日の編みもの』に、こんな一文があります。「自分が作ったものに、ふと驚くことがあります。」「わたしは、これを、こんなふうに作りたかったんだっけ。でも、かわいいなぁ」

好みの色や形を選び、何が作りたいのかを考えて作ったはずでも、出来上がった頃には自分の手を離れていくものなのでしょうか。「作る」には、たくさんの秘密が隠れていそうです。

眺めるだけでも楽しい手仕事の本、小説、作るとは何か深く考えるような本まで、幅広く取り揃えました。秋も色づき、創作や読書もより深まる、いい季節です。ご来店の際はぜひゆっくりとご覧になってみてください。

グラス
たばこ
  • 作る
  • 作る

BACK NUMBER

これまでのテーマ

ここまでが本文です


[Rethink Booksに関するお問い合わせ]